anki
Ankidroidを使って単語を表示させその意味を答えていく学習を続けてから、来月で1年になる。
この学習方法、リーディングにはとても効果的だと思う。
しかし果たしてリスニングに効果があるのか?
リスニングでは1秒未満で、相手の発する言葉の意味を理解せねばならない。
そのように瞬間的にわからなければ会話として成立しない。
これまでのAnkidroidの学習方法だと、
1.英語を見て、
2.その発音も聞いて、
それを理解しているかをフラッシュカードでチェックしていく。

つまり
1.英文を見て
というヒントがあるので、リスニングの状況とは全く異なる。
これをリスニング環境に近い状況にするため、
”1.英文をみて” を無くしてみたいと思った。
つまり Ankidroid で英文や英単語の書いてあるカード(表側)に何も表示せず、音声だけを頼りに回答していく学習方法である。今回はその設定方法をご紹介したい。
アルクで素敵な洋書や外国のおもちゃ、英語の知育玩具のセール始まってます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓プレゼント用にいかがでしょうか?!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




入り口はこちら

続きを読む