どこでも勉強できる環境づくり。
何か学ぼうとする前に、一番自分が大事にしていることでもあります。
そのため学生の頃は、せっせと覚えたいことを単語帳にしたためて日々持ち歩いておりました。
しかし単語帳学習方法の弱点は、
・覚えていないカード、覚えたカードの管理が面倒。
・物理的に持ち歩けるカード枚数に制限がある。
・英単語など外国語の発音わからない。通常はこれを補おうと発音記号を書いたりするが。。
最近はこれら改良点を全て解決し、かつ学習者の忘却レベルまでも管理してくれるスマホのフラッシュカードアプリが色々出ておりまして、
自分が愛用している、すばらしい無料アプリは、、、、というと
人気ブログランキングの入り口はこちら


↓Ankidroidです。
anki
このアプリの良いところは、
・学習成果を同期してクラウドにバックアップする。
そのためスマホが調子悪くて今までの学習記録がなくなってしまうということはないです。
・あと単語の修正や追加がスマホやタブレット、パソコンでできる。
もちろんupdateした内容はすべての端末で同期されます。
・機械語音声だけど発音してくれます。そこそこよいです。
・画像もOK.
・英語発音などの音声ファイルを用意しておくと、さらに幸せになれます。
・カスタマイズすれば穴埋め問題なども作れます。
Ankidroidの説明はこれ。英語だけど難しくないので大体わかります。

Duoのカードをこいつに全storedして、毎日100単語こなしています。
おかげでDUOは今、半分ぐらい覚えられました。

1000円位の有料でも良いのに、、、
無料です。
お試しあれ!よろしければポチっって下さると、次の記事を書く意欲になります。
人気ブログランキングの入り口はこちら